トヨタホーム パナホーム 比較

トヨタホームとパナホーム、それぞれの強みを比較してみました

トヨタ系のトヨタホーム、パナソニック系のパナホーム、それぞれの強みを生かした特徴があります。マイホームを建てる時にこの両者で迷った時に、見ておきたい特徴について説明します。

 

 

 

 

トヨタホームが強みとしているのが、断熱性の高さです。

 

 

 

 

独自に施工した断熱材やペアガラスを採用する事によって、高い省エネ性を誇ります。エネルギー効率の良さは勿論、夏は涼しく、冬は暖かい住宅となっていますので、寒冷地などにもお勧めです。

 

 

 

 

そして、トヨタの自動車にも採用されているスマートロックを玄関の鍵として採用しているので、防犯性の高さもトヨタホームの強みです。

 

 

 

 

 

 

パナホームが強みとしているのが、日本古来の住宅工法を近代に取り入れた点です。珪藻土を採用した外壁などは、湿気に強く風通しの良い家となっています。

 

 

 

 

 

また、珪藻土と相性の良い、和風デザインの家づくりが楽しめるのもパナホームの強みです。構造的に大きな空間や間取りを一部屋に取り入れる事もできるので、設計の自由度もパナホームの方が高くなっています。

 

 

 

 

また、家電メーカーである強みを生かし、換気システムである「HEPA+」を搭載した家づくりをしています。

 

 

 

 

 

両者を比較すると、住宅づくりでどの点を重点に置くかで意見が分かれます。例えば、トヨタホームの住宅は将来メンテナンスの必要な素材を多く使用しているので、長く住む上ではメンテナンス費用が高くかかりやすい、一方で和風デザインが楽しめるパナホームの住宅は、小さい子供がいる家庭にとっては汚れやすいなどのデメリットもあります。

 

 

 

トヨタホーム 坪単価|実際の相場や値引き交渉方法のTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




無料!トヨタホームや他ハウスメーカーの間取りや支払総額をもらう↓
page top