大和ハウス トヨタホーム 比較

大手会社の大和ハウスとトヨタホームを比較しました

大和ハウスというと私の個人的なイメージですが、価格が高い住宅とか魅力的なデザインが目を引く賃貸物件を扱っている大手ハウスメーカーというイメージがありますが、同じく大手自動車メーカーのグループ企業であるトヨタホームとどのような共通項や違いがあるのか調べてみました。

 

 

 

 

坪単価
大和ハウス 55万〜80万円
トヨタホーム 55万〜80万円以上

 

 

 

価格帯は同じですが、ダイワハウスは間取りや仕様が決まっていて変更できないプレハブ住宅で坪単価55万〜65万円くらい、注文住宅になると坪単価70万〜80万円くらいになります。

 

 

 

トヨタホームも鉄骨プレハブ系なら55万〜75万円、鉄骨軸組系だと65万〜80万円以上になりますので、価格の幅があります。

 

 

 

 

特徴

 

「大和ハウス」
創業者は石橋信夫氏で実兄と共に奈良県の大和(ヤマト)の地で「大いなる和をもって経営に当たりたい」ということから「やまと」ではなく「だいわ」にした経緯があります。
1959年に日本では初めてのプレハブ住宅(工業化住宅)の「ミゼットハウス」を販売しましたところ大ヒットし、ダイワハウスの礎を築きました。

 

 

2006年には「xevo(ジーヴォ)」という外張り断熱仕様の商品を展開しています。この「xevo」は次世代省エネ基準をクリアしており、ダイワハウスの主力商品全てに標準装備されています。さらに「xevo」より断熱材が暑くなったり、フレームの強度を強化した「xevoΣ」を発表しました。

 

 

 

大和ハウスは売上のうち戸建住宅の割合は2割以下です。アパートやマンションの賃貸住宅、商業施設や事業施設等戸建住宅以外で、収益を伸ばすハウスメーカーからデベロッパーへ以降しているようです。

 

 

 

「トヨタホーム」
自動車のトヨタの住宅販売部門で、1975年に発足されました。
工法に鉄骨を扱っているため、熱気や寒気が鉄骨を伝わって夏は暑く冬は寒くなってしまいますので、断熱材で補ったり、窓の外につけるブラインドや全館空調システも用意されています。

 

 

大手同士ということなのか、戸建の他に賃貸住宅や商業施設にも力を入れているところは共通していますが、プレハブ住宅の先駆けはダイワハウスであり、日本の住宅業界の常識を覆し、プレハブ住宅を広く普及した立役者ではないでしょうか。

 

 

 

トヨタホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る

完全無料!トヨタホームや各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。
↓クリック

大和ハウスとトヨタホームを比較関連ページ

トヨタホームとセキスイハイムを比較
トヨタホームとセキスイハイムを比較してみました。
トヨタホームとパナホームを比較
トヨタホームとパナホームを比較しているページです。
トヨタホームと一条工務店を比較
トヨタホームと一条工務店を比較しています。
トヨタホームとへーベルハウスを比較
トヨタホームとへーベルハウスを比較してみました。
ミサワホームとトヨタホームを比較
ミサワホームとトヨタホームを比較しています。
住友林業とトヨタホームを比較
トヨタホームと住友林業を比較しています。
積水ハウスとトヨタホームを比較
トヨタホームと積水ハウスを比較してみました。