住宅ローンの頭金

住宅ローン 頭金はどの位必要?

今は低金利時代に加えて住宅ローン減税もあり、国の政策により住宅を購入し易い状況となっています。

 

 

 

 

そんな現状を受けて新築マンションや一戸建て住宅の販売会社では、住宅ローン 頭金は「0円」と表示をしている事もあり、街を歩いていても住宅販売の看板などでそのような文字を見た事のある方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

確かに住宅ローン 頭金を用意する事が出来ない場合でも、住宅の購入は可能となっているようです。ある住宅販売会社では10人に1人はそのように自己資金が0円というケースがあるようです。

 

 

 

 

 

それでも一般的な話をするならば、住宅を購入する時には住宅の購入価格の2割程度は住宅ローン 頭金として用意する事が理想であるという事です。それに加えて住宅を購入する際には、購入価格だけではなくその他の諸費用にもお金が掛かるという事を考えておく必要があるという事です。

 

 

 

 

 

その費用は購入価格の1割程度となる事を踏まえて、合計で3割程は自己資金として用意をしておく必要があるようです。住宅ローン 頭金も諸費用の代金も全く用意出来ない場合には、その全額を住宅ローンとして借入をする事になります。

 

 

 

 

 

 

その際の借入額は住宅購入代金よりも更に高額となります。30年や35年ローンを組むとしても毎月の返済額やボーナス時の加算分を考えると、家計に負担が大きく掛かる事が予測出来ます。

 

 

 

 

 

 

返済を続けて行く中で万が一ローンを支払えなくなった時に、物件の売却を行った時には売却価格でローンの残債を賄う事は難しい事になります。物件を売却した後にも借金が残るという事になるので、その後賃貸物件に引越しをしたとしても今度は毎月の賃料と並行してローンの残債を支払う事になります。

 

 

 

 

 

このような事から住宅ローン 頭金をある程度貯金してから住宅購入に踏み切る事が必要と言えます。それでも今支払っている家賃よりも住宅ローンの返済額の方が少なくなるような土地の物件を購入する場合には、住宅ローン 頭金が0円であっても購入可能と言えるようです。

 

 

トヨタホーム 坪単価|失敗しないマイホーム購入ポイント!のTOPへ戻る