トヨタホーム 坪単価

無料!トヨタホームや他ハウスメーカーの間取りや支払総額を比較

 

他ハウスメーカーの間取りや支払総額がもらえるので、いろんな間取りを参考にできますよ。

 

トヨタホームの坪単価はいくら?

トヨタホームの坪単価は、

 

 

 

60〜70万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、トヨタホームで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

65万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、トヨタホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約2800万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

3200万円

 

ぐらいの予算がないと、トヨタホームの平均的な家が建たないということにもなります。


トヨタホーム 注文住宅の特徴と坪単価

トヨタといえば世界に誇る自動車メーカーです、そんなトヨタ自動車を株主にもつのがトヨタホームです。

 

 

自動車で培った技術力を家づくりに生かし、日本の住まいをよくしたい、のスローガンのもとにお客様が満足いくお住まいを提供しています。

 

 

トヨタホームの注文住宅は基本性能がとてもいいため、長く住み続けることができる家になっています。

 

 

やはり家は一生ものの買い物です、長く快適に過ごせる家こそ私たちが求めるところではないでしょうか。

 

 

そんなトヨタホームの技術力をご紹介します。

 

 

まずは自動車メーカーならではといっていい鉄骨構造です、鉄を知り尽くしたトヨタだからこそできた頑丈な鉄骨ラーメン構造はその耐久性と耐震性の高さが自慢です、

 

 

この構造は高層ビルにも使われているものですので、その強度は本物です。

 

 

太い柱と強い梁で地震の揺れを吸収します、また鉄と鉄の接合部分は変形防止プレートを使っているためその強度は従来に比べて約35倍アップしています。

 

 

また、鉄には錆がつきものですが、トヨタホームなら自動車造りで培った防錆技術がフルに生かされているため錆にも強いのです。

 

 

もちろん耐震性と同時に家の耐久性にもこだわった造りになっていますので、家自体の寿命も長くなるように設計されています。

 

 

錆対策をはじめ耐久性のよい外壁や通気性など、すべてにこだわったトヨタホームは長く住める家にこだわっています。

 

 

もちろん耐久性だけではありません、ずっと住み続ける我が家です、快適に過ごせなければ意味がありません、その点に関してもトヨタホームなら安心です、

 

 

断熱性能や風通しといった面でも効率よく自然の力を取り込めるように設計されています。

 

 

トヨタホームの注文住宅なら外観やその構造、またライフスタイルといったいろいろな条件から選ぶことができます。種類も豊富なので、きっと自分が気に入る家があるはずです。

 

 

トヨタホームの坪単価はだいたい60万〜70万円くらいです、これは工法によっても変わってきますが、鉄骨のほうが若干高いのが相場になっています。

 

 

 

とはいっても高性能な家です、ちょっとくらい高くても長い目で見れば超寿命なトヨタホームならメンテナンス費用も抑えられると考えれば安いのではないでしょうか。

トヨタホームの人気「シンセ」の坪単価について

 

トヨタホームの「シンセ」シリーズ。

 

 

このシリーズには、家族のための住まい「シンセ・はぐみ」や現代的なツートーンカラーが目印の「シンセ・カーダモード」、先進技術を取り込んだエコな家「シンセ・アスイエ」、

 

 

2013年度グッドデザイン賞を受賞した「シンセ・フィーラス」などの豊富なバリエーションが出揃います。

 

 

外観も落ち着いた現代的なものが多く、住みよい空間を演出しています。

 

 

シンセシリーズの特徴として、鉄骨ラーメン構造が挙げられます。

 

 

この構造は、高層ビルなどにも採用されるもので、変形防止プレートを内蔵し、接合部分の変形を防止しています。

 

 

また、柱と梁を一体化、ボックス化させることにより、強靭な耐震性を獲得。

 

 

住宅品質確保促進法で最高ランクである耐震等級3も得ている非常に優れた構造です。

 

 

ちなみに同じトヨタホームのエスパシオシリーズとは工法が違っており、こちらは鉄骨軸組工法になります。

 

 

シンセシリーズのラーメン構造は、地震に対して強靭な強度を保っていますが、鉄骨軸組工法は強度というよりも、地震の揺れを吸収するという形です。

 

 

エスパシオシリーズも耐震等級3を獲得しており、地震を吸収するとは書かれていますが、これはイコール免震技術というわけではありません。

 

 

住宅を購入する場合は、地震の揺れを抑える造りが良いのか、揺れてもそれを吸収する造りがよいのか、免震のことを考えた上ではっきりとさせる必要があります。

 

 

シンセシリーズの坪単価は50万円台から75万円と、エスパシオよりも価格設定が低いとされています。

 

 

これは工法による違いなのか、装備によるものなのかは不明ですが、エスパシオシリーズは80万円台までとされているので、若干シンセシリーズの方が安めな印象です。

 

 

価格の幅が狭いため、エスパシオシリーズよりは安心感を持って購入することができそうです。

 

 

また、高品質なものを低予算で購入したいのであれば、エスパシオシリーズよりもシンセシリーズが向いていると言えるでしょう。

 

 

その他、商品別の坪単価はこちらのページで>>トヨタホームの坪単価(商品の価格)


トヨタホームのエスパシオの魅力と坪単価

トヨタホームがプロデュースする住まいに、『エスパシオ』シリーズがあります。

 

 

このシリーズは、都市にありつつも、光と風を最大限生かそうとする、自然との融合を理念に掲げたシリーズです。

 

 

コンセプトにあるお部屋を実現するために、お部屋には、通し柱が不要な「梁勝システム」を採用。

 

 

柱を無くすことにより、明るい光を一杯に引き受ける快適な空間、広々とした吹き抜け、風を感じさせる開放的なお部屋を演出しています。

 

 

そのシステムにより、お部屋のレイアウトも個々の思いのまま、自由自在に楽しめます。

 

 

エスパシオには、「EST工法」が採用されています。

 

 

EST工法の「EST」とは「Evolutional System of TOYOTA」の頭文字であり、災害に強く、柔軟なプランニングに対応が可能というトヨタホーム独自の工法です。

 

 

安定感のある鉄を柱や梁などに採用することで、木を極力排除したその作りは、非常に強度が高く、万が一の時にも安心できます。

 

 

また、接合部分には国土交通省が強度を指定した高強度中ボルトがはめられているため、その配慮は細部にまで行き届いています。

 

 

耐震性にも非常に安心感が持てる「ハイブリッド断熱工法」により、常に最適な環境を維持し、冷暖房費を抑えたり、省エネにも貢献できる仕様になっています。

 

 

外観のデザインも勿論モダンで都会的です。

 

 

アールドウォールやカーブドウォール採用で、個性的な外観を示し、街並みに映えるそのシルエットは、豊かな存在感を演出します。

 

 

屋根には切り妻タイプや寄棟タイプ、片流れタイプ、フラットタイプなどがあり、多様なフォルムが魅力的なシリーズです。

 

 

ところで、このような拘りは魅力的ですが、エスパシオのやはり坪単価は高いのでしょうか。

 

 

エスパシオには様々なバリエーションがあり、それによっても大幅に坪単価は変わります。

 

 

なので坪単価は50万円台から80万円台と幅がとても広いです。

 

 

簡単な装備であれば50万円台、沢山の装備を付け加えると80万円台といったところでしょう。

 

 

自分が何をどう必要としているのか考えながら、家を選ぶ必要があると感じます。

 

 

その他、商品別の坪単価はこちらのページで>>トヨタホームの坪単価(商品の価格)

トヨタホームの実際の坪単価は?

坪単価は鉄骨プレハブ工法(シンセシリーズ)が55万〜75万円、鉄骨軸組工法(エスパシオシリーズ)が65万円〜80万円以上となっています。

 

 

これに一部坪単価に含まれない装備などもあるようです。鉄骨というところから木で作っている住宅に比べるとツボ単価はやはり高めとなっています。

 

 

他のメーカーとの比較でみると、平均坪単価のもっとも高い三井ホームが82.9万円、へーベルハウスが80万円、住友林業が75万円という坪単価ですので、高めではあるものの、べらぼうな価格ではないようです。

 

 

鉄に関しては、自動車メーカーでのノウハウが生かされ、特に防錆の仕様には優れているようです。

 

 

 

防犯についても意識され、防犯ガラスの整備などもあるようです。そして、住宅全体の各仕様において平均以上のクラスで構成されているようです。鉄に関しての自信のせいか、60年の超長期保証をしていることも特徴と思われます。

 

 

全体にしっかりとした性能の住宅が、やや高めの値段設定にされているという印象です。日本に初めて国産の自動車産業を創業したというトヨタグループの自負やプライドから、住宅の性能は高基準の品質がありつつも、庶民に手の届かない価格にしては意味がないという、一般大衆自動車を作り続けてきたトヨタ自動車の姿勢が表れているのでしょうか。

 

 

営業方法も代理店スタイルであるというところも、自動車メーカーの手法でしょうか。

トヨタホームの値引きは可能なのか?

人生の一番高い買い物と言っても間違いないマイホームの購入。

 

 

可能であれば、少しでも値引きしてもらえると嬉しいですね。

 

 

トヨタホームに、もう購入を決めている方、複数で迷っている方、

 

 

まだどこにも決めていない方とおられると思いますが、

 

 

値引きのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店を比較する事です。

 

 

他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

下記の「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」では、一度の入力(2分程度)でお住まいの地域の工務店やハウスメーカーの資料請求が、

 

 

無料で可能となっています。各ハウスメーカーや工務店の間取りプランや費用なども、

 

 

全て無料でもらえますので、かなりオススメできます♪

 

 

1社だけではなく、いろんなハウスメーカーの間取りプランを参考にできますので、後悔しない家づくりが確実にできますよ。

 

 

また、ご希望の方にはお探しエリアの土地探しも無料で案内してもらえます。